東日本旅客鉄道

東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英: East Japan Railway Company [3] ) [注 1] は、東日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本の鉄道事業者。 1987年 4月1日に、国鉄分割民営化に伴い日本国有鉄道(国鉄)から長野鉄道管理局、新潟鉄道管理局及び東北・関東地方の各鉄道

現在、11カ国の大学とネットワークを構築しています。英語圏のみならず、極東、南米、欧州への派遣留学にも力を入れて取り組んでいます。

日本の鉄道事故 (2000年以降)

主な鉄道事故(2000年 - 2019年4月30日まで) 2000年 営団日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故 2000年(平成12年)3月8日 9時1分頃(列車脱線事故、列車衝突事故) 帝都高速度交通営団(現・東京メトロ)日比谷線の東急東横線直通列車が、中目黒駅直前の急曲線で脱線、対向電車の側面をえぐる形

国鉄201系電車

国鉄201系電車(こくてつ201けいでんしゃ)は、1979年(昭和54年)に試作車が登場し、1981年(昭和56年)に量産が開始された日本国有鉄道(国鉄)の直流 通勤形電車である。 1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化(JR発足)後は、東日本旅客鉄道(JR東日本)に794両が、西日本旅客鉄道(JR西日本
近鉄50000系電車
近鉄50000系電車(きんてつ50000けいでんしゃ)は、近畿日本鉄道の特急形車両。6両編成3本が在籍する。建造費は最初の2編成で37億円(1編成18億5000万円) [1]。追加の3編成目の建造費は億円 [2]。 「しまかぜ」の車両愛称を持つ。 。名称の由来は、志摩に吹く風の爽やかさと、車内で過ごす

日本の鉄道事故 (1950年から1999年)

事故一覧(国鉄戦後五大事故) この節では、「国鉄戦後五大事故」と呼ばれる国鉄で発生した大きな事故を扱う。事の重大さを考慮し、独立した節として扱う。 残りの2つである洞爺丸事故と紫雲丸事故は海難事故であるため、ここでは扱わないものとする。

仙石線

仙石線(せんせきせん)は、宮城県仙台市青葉区のあおば通駅から仙台駅を経由し宮城県石巻市の石巻駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、陸前山下駅 - 石巻港駅間の日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物支線を持つ。
国鉄185系電車
国鉄185系電車(こくてつ185けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流 特急形電車である。 概要 東海道本線(以下、東海道線)で運用されていた153系の置き換えを目的に導入され、「特急形車両でありながら通勤 通学輸送にも対応させる」という、新しい試みの

ホームライナー

ホームライナーとは、着席を提供することを主な目的として日本国有鉄道(国鉄)及びそれを継承したJR各社において運行されている料金徴収形の座席指定制もしくは定員制快速列車の愛称である [1]。 東海旅客鉄道(JR東海)の登録商標 [注 1] となっているが、JR東海以外でも「ホーム

山田線

2014年1月31日の第7回山田線復興調整会議においてJR東日本は、210億円と試算された復旧費用のうち線路や設備などの原状回復に伴う140億円を自社で負担すると明言した上で(復興まちづくりに伴うかさ上げや移転費の残り70億円は

力を入れて取り組んでいる教育分野、サービス内容をご案内します。

箱根登山鉄道鉄道線

鉄道線(てつどうせん)は、神奈川県 小田原市の小田原駅から同県足柄下郡 箱根町の強羅駅までを結ぶ箱根登山鉄道の鉄道路線である。 旅客案内上で正式名称が使われることはほとんどなく、主に「箱根登山線」 [5] や「箱根登山電車」 [6] の名が使われる。
1 %
長期留学​

学位取得、単位互換などの大学認定留学、習得難易度が高い特殊言語留学など、最短でも半年以上の留学期間を要するプログラムを海外大学に限定してサポートしています。

1 %
短期留学​

語学留学などの短期留学は取り扱っておりません。現在、サポートしている留学の最短期間は、3ヵ月~4カ月の大学エクステンション・プログラムです。

1 %
国内英会話スクール

一般英会話はもちろんのこと、フォニックス練習を多く取り入れたの発話対策、英語検定試験準1級の面接対策など、専門スキルに特化したプログラムをご案内します。

東海道本線

東海道本線(とうかいどうほんせん)は、東京都 千代田区の東京駅から兵庫県 神戸市 中央区の神戸駅までを結ぶJRの鉄道路線(幹線)である。 このほかに多数の支線を持つ。日本の鉄道路線としては最古であり、明治時代に初めて日本に鉄道が敷設されて以来、日本の鉄道交通・物流

国鉄103系電車

国鉄103系電車(こくてつ103けいでんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)が設計・製造した直流 通勤形電車である。 1963年(昭和38年)3月から1984年(昭和59年)1月までの21年間に3,447両が製造された。 本項では、インドネシアの鉄道会社(PT.
札沼線
札沼線(さっしょうせん)は、北海道 札幌市 中央区の桑園駅から石狩郡 当別町の北海道医療大学駅までを結ぶ、北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道路線(地方交通線)である。 「学園都市線」(がくえんとしせん)という愛称が付けられている。
東武東上本線
東上本線(とうじょうほんせん)は、東京都 豊島区の池袋駅から埼玉県 大里郡 寄居町の寄居駅までを結ぶ東武鉄道の鉄道路線。 ラインカラーは紺色 、駅ナンバリングの路線記号はTJ [注 1]。一般的には東上線(とうじょうせん)と呼ばれ [2] 、旅客案内上や東武鉄道路線系統名称では東

京阪電気鉄道

現行の京阪グループシンボルマーク及びロゴマークは、2008年4月に制定され、その直後に旧ロゴマークの使用を終了している。また、京阪線の6000系から10000系までの車両と、2400系・1000系・5000系・初代3000系の車体更新車、大津線の600系以降の車両前面には「K」をモチーフとした「Kマーク」が

食堂車

2015年のふくしまデスティネーションキャンペーンで同年4月25日から磐越西線 郡山 - 会津若松間で運転される「フルーティアふくしま」用として仙台車両センター所属の719系電車H27編成を種車に郡山総合車両センターで700番台に改造改番を施工した全室食堂車である [3]。

JR東日本E233系電車

目次の表示・非表示を切り替え JR東日本E233系電車 お願い:車両の動きなどについては、Wikipedia:検証可能性に反する、個人の目撃報告や外部の私設サイトなどを典拠とする情報を記載しないでください。 これらはWikipedia:出典を明記するやWikipedia:独自研究は載せない、Wikipedia:信頼できる情報源

近鉄21000系電車

21000系電車(21000けいでんしゃ)は、近畿日本鉄道の特急形電車である。 愛称は「アーバンライナー (URBAN LINER) 」。後年のリニューアルで「アーバンライナーplus (Urban Liner plus) 」となった。 解説の便宜上、本項では大阪上本町・大阪難波側の先頭車の車両
飯田線
曽根悟(監修)「飯田線・身延線・小海線」『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』第3号、朝日新聞出版、2009年7月26日。 関連項目 日本の鉄道路線一覧 夏焼第二隧道(佐久間駅 - 大嵐駅間の旧線上にあった夏焼トンネルを転用

激安先着

小田急50000形電車
小田急50000形電車(おだきゅう50000がたでんしゃ)は、2005年(平成17年)から小田急電鉄が運用している [13] 特急用車両(ロマンスカー)である。 小田急では、編成表記の際には「新宿寄り先頭車両の車両番号(新宿方の車号)×両数」という表記を使用している [14] ため、本項もそれに倣い
近鉄23000系電車
近鉄23000系電車(きんてつ23000けいでんしゃ)は、近畿日本鉄道の特急形車両・1994年3月15日のダイヤ変更時から営業運転を開始した[1]。 「伊勢志摩ライナー」(略称:ISLまたはIL)の車両愛称をもつ[2]。 電算記号(編成記号)は「Ise-shima Liner」から取られた

中央本線

中央本線(ちゅうおうほんせん)は、東京都 千代田区の東京駅から新宿区の新宿駅、長野県 塩尻市の塩尻駅を経由して、愛知県 名古屋市 中村区の名古屋駅までを結ぶ鉄道路線(幹線)である。 このうち東京駅 - 塩尻駅間は東日本旅客鉄道(JR東日本)、塩尻駅 - 名古屋駅間は東海旅客
近畿日本鉄道
近畿日本鉄道株式会社(きんきにっぽんてつどう、英: Kintetsu Railway Co., Ltd. )は、大阪府・奈良県・京都府・三重県・愛知県の2府3県 [注釈 1] で鉄道事業を行っている会社である。 日本の大手私鉄の一つであり、JRグループを除く日本の鉄道事業者(民営鉄道)の中では最長の路線網

常磐線

常磐線(じょうばんせん)は、東京都 荒川区の日暮里駅 [1] [2] から千葉県北西部、茨城県、福島県の太平洋側を経由して宮城県 岩沼市の岩沼駅 [1] [2] までを結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。 「本線」を名乗らないJR線の中では、最も長い路線である。
鉄道ファン1998年7月 JR車両ファイル98 国鉄時刻表ジャーナルピクトリアル
新幹線E5系・H5系電車
新幹線E5系・H5系電車(しんかんせんE5けい・H5けいでんしゃ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)・北海道旅客鉄道(JR北海道)の新幹線車両(新幹線電車)。JR東日本所有車がE5系、JR北海道所有車がH5系であるが、両者がほぼ同一仕様であることから本項では

南武線

南武線(なんぶせん)は、神奈川県 川崎市 川崎区の川崎駅と東京都 立川市の立川駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。 そのほか以下の支線を持つ。 神奈川県川崎市幸区の尻手駅と同市川崎区の浜川崎駅を結ぶ支線(通称「浜川崎支線」、旅客案内上は「南

国鉄381系電車

概要 曲線通過速度を向上させる日本初の振子式特急型車両として1973年(昭和48年)5月に登場し、同年7月10日から中央本線特急「しなの」に投入された [3]。その後、1978年(昭和53年)に阪和線・紀勢本線特急「くろしお」、1982年(昭和57年)に伯備線特急「やくも」にも投入され、計277両が製造

“EDUCATION IS NOT THE LEARNING OF FACT, BUT TRAINING THE MIND TO THINK”